Home » Lesson 陶芸教室ご案内

Lesson 陶芸教室ご案内

焼き物ができるまで

陶芸教室には以下の3つのコースがあります。

陶器制作の流れを簡単に説明いたします。

1.土練り(菊練り)

原料である粘土を使いやすくする為に練っていきます。
練り上がる際、菊の花のような模様が出る事から、菊練りとも言います。
ここで一番重要なのは、土に自分の気持ちを込ることです。

 

2.成形

成型には様々な種類があります。

ろくろ成型

回転する円盤(電動ろくろ)の台の上に粘土のかたまりを載せて、遠心力を利用して成型します。
一見、簡単そうに見えますが、綺麗な形を作るのは卓越した技術が必要です。

 

手作り

その名の通り、機械の力を借りずに、手で成型します。
コーヒーカップ、茶碗などを作るのに適しています。
複雑な形や、趣きのある形の陶器をつくれるので、
一番自由度の高い成型方法と言えます。

 

紐づくり

紐状の土を積み上げて成型します。
大きい壺や深い花器などを作るのに適しています。

 

タタラづくり

平らに土を伸ばして成型します。
お皿を作るのに適しています。
ひも状の模様をつけることもできます。

 

削り

生地が半乾きになった時、金属性のへらで削り、全体の形を整えていきます。
納得いく形になるまで十分に削りましょう。
ですが、削りすぎて土が無くなるのだけは
避けましょう……。

 

素焼き

絵付けや釉薬(上薬)かけに必要な強さ・硬さを保つために、800度くらいの温度で焼きます。
写真は焼き終わった後の土です。初心者はここで完成と勘違いします。

 

釉薬

うわくすりと読みます。
陶器の装飾と硬度の保護も兼ねるガラスの一種に浸し、十分に乾かします。

 

本焼き

1230℃で、9時間焼成し、冷えるまで3日待ちます。すると……。 

 

 

 

 

完成

『ね、簡単でしょう?』

 

 

Copyright(c) 2012 All Rights Reserved.